転職log

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい“転職"のすべて教えます

【会社辞める?残る?】転職すべきか悩むあなたのための「仕事満足度診断」8問

皆さん、こんにちは。
転職log編集長のサイトウです。

このブログでは、転職エージェントとして学んだ転職ノウハウを皆さんにシェアしています。

漠然と「会社を辞めたい…」と悶々としている方も多いことと思います。何に不満があって会社を辞めたいと考えているのかを明確にしてみませんか?

漠然と「辞めたい…」と感じていても、実は一時的に気分が落ち込んでいるだけかもしれません。そのような状態なら、仮に転職活動を始めたとしても中途半端に終わってしまう可能性も。冷静に考えてみると、むしろ辞めない方がいいということも十分ありえます。

また、辞めたい理由や原因をはっきり認識しておかないと、次の転職先でも同じように漠然とした不安や不満から「辞めたい…」と思ってしまうかもしれません。

日本では転職回数が多い事はマイナス評価につながることが多く、慎重にどうすべきかを考えないと、あなたのキャリアに大きな傷を残すことになってしまいます。

1.転職回数が多いとマイナス評価になる

1−1.だから会社を辞めるのは冷静に慎重になりましょう

アメリカの転職回数は平均7回だそうです。日本と違い、転職回数が多い事がマイナス評価になり、転職市場で不利になることは無いそうです。アメリカと日本の転職感の違いをあらわす、面白いエピソードをご紹介します。

転職回数が多いのは悪いことか。日本と欧米のキャリアに対する考え方の違い

「彼らは2年以内で転職を繰り返しています。おそらく忍耐力が低く、飽きっぽい性格なのでしょう。採用したところでうちの会社もすぐ辞めてしまうでしょう。」

「あなたの言いたいことは分かるわ。でも例えばこの27歳の彼。営業の経験も豊富で、その次の会社では企画・開発の経験も積んでいるわ。語学力もある。

うちが求める人材にピッタリなのに不合格?転職回数が多いことがそんなにデメリットなのかしら。」

「……確かにそうですね。」

「あなたは他の会社を見て面白そう、働いてみたいな、と思うことはないの?」

出典:転職回数が多いのは悪いことか。日本と欧米のキャリアに対する考え方の違い

アメリカでは日本のような「総合職」というものが存在しないそうです。募集はほとんど専門職。その業務のエキスパートが集まりやすく、評価されるのも経験やスキル・実績です。転職回数や勤務年数の長さのような企業への定着率が評価されることはあまり無いようです。

残念ながら、日本では能力や実績ではなく転職回数や勤務年数の長さの方が評価されやすい傾向にあります。どれだけ企業に忠誠を誓えるのか、辛いことや理不尽な事があっても辞めずに「馬車馬のごとく働く」社畜力が問われるのです。

採用面接でも実績やスキル・経験などが評価されるよりは、自分の思い通りに動かせる人間かどうか、容姿やコミュニケーション能力、というように実務とは関係ない部分の方が重要な評価基準になってくるというのが本当のところ。なんだか悲しくなってきますね。

おそらく日本の企業はアメリカと違い結果を出せるスキルを持った人材ではなく、奴隷のように自分の思うままにあやつれる人材を欲しがっているからでしょうか。

と、ここで愚痴を言ってもしかたありません、日本で生きていくならしょうがないことです。会社を辞めるかどうかはあなたの未来を左右する大事な事なので慎重に考えましょう。

今の会社の口コミを見て辞めるべきか考えるのもおすすめ、企業口コミサイト『キャリコネ』

『キャリコネ』は企業の口コミサイトでもあるのですが転職支援サービスも行っています。転職支援サービスに登録すると、企業口コミ・企業の年収などが閲覧できるようになります。転職支援サービスを無理に利用しなくても口コミが見れます。まずは登録してみましょう。

「今すぐ転職したい!」という人でなくても、現職に不満や不安を持っているような方は、 同業他社の口コミや年収を見て「転職すべきかどうか」を判断するために登録しておくとよいでしょう。登録さえすれば全て無料で利用できます。

2.【診断】仕事や会社に対する満足度チェック8問

今回ご紹介する診断を実施し、仕事や会社に対する満足度をチェックしてみましょう。いくつかの項目に別れているので、その項目の何が満足できないのかを深掘りして考えてみてください。

下記の質問に対し、1〜3の選択肢を選んでください。

Q1:前から「やりたかった仕事」ですか?

  1. はい、前からやりたかった仕事です
  2. どちらともいえない
  3. 違う、やりたかった仕事ではない

やりたい仕事や、あこがれの仕事ができる環境なら、なかなか会社なんて辞めたくないものですよね。多くの方は、やりたい仕事に巡りあえていないのかもしれませんね。

Q2:今の会社や仕事で「スキルアップ」できる?

  1. 日々勉強できる、成長を実感している
  2. どちらともいえない
  3. いや、まったく成長できない

スキルアップできるかどうかは長期的に見ると重要な要素です。ぬるま湯のような環境にいると、その会社に最適化されてしまって、他の会社で全く使い物にならない人材になってしまう方も多いです。

Q3:「給与」に満足している?

  1. 満足!貯金が結構たまってます
  2. どちらともいえない
  3. いいえ、給与カット、ボーナスも残業代も出ない

とあるアンケートによると、会社を辞めたい理由のトップが給与や福利厚生に関することだそうです。がんばって働いているんですから十分な対価が欲しいですよね。

Q4:「人間関係」は問題ない?

  1. 人間関係良好!職場はいい人ばかり
  2. どちらともいえない
  3. 非常に悪い、毎日憂鬱だ

ベストセラーになった「嫌われる勇気」のアルフレッド・アドラー博士によると「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」とのことです。辞めたい理由はいろいろと出てきますが、根本原因はこれかもしれませんね。

Q5:「仕事内容」に満足してますか?

  1. はい、やりたかった仕事だし、スキルアップもできて大変満足してます!
  2. どちらともいえない
  3. 死んだ目で仕事をしている、やりがいは全くない…

日本人にとって仕事は人生といっても過言ではありません。長い時間を仕事で費やすわけですが、仕事内容に満足できないと地獄のような時間を過ごさないといけません。仕事内容に満足できるかできないかも重要なんですね。

Q6:「労働時間」残業は多すぎない?

  1. ホワイト企業、だいたい定時で上がってます
  2. どちらともいえない
  3. ブラック企業!サービス残業や終電帰宅が常態化

平日はサービス残業で終電まで仕事して、休みの日も自宅でたまった仕事を消化しているなんて方も多いのでは?今は若いから良いけど、この先体力に限界を感じる事もあるのかも、と先々に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

Q7:「社風」はあってますか?

  1. 満足、自由な雰囲気だし、やる気次第でいろいろチャレンジさせてくれる
  2. どちらともいえない
  3. 妙な雰囲気があって、あれもダメ、これもダメ、疲れる…

会社の社風ってありますよね。理解に苦しむような事を強要されたり、理不尽な暗黙のルールがあることも。

Q8:「評価」されていますか?

  1. はい、良い評価をいただけてモチベーション上がってます!
  2. どちらともいえない
  3. いいえ、ゴマすり上手が出世する会社

一生懸命仕事をし、結果まで出しても、正当な評価が受けられないことも良くあります。仕事のモチベーションが下がり、辞めたくなることも…。

3.採点方法

選択肢には点数が設定してあります。点数の合計点を出してください。

  • 選択肢「1番」⇒5点
  • 選択肢「2番」⇒3点
  • 選択肢「3番」⇒1点

4.【診断結果】Q1~8までの合計点は何点?

診断結果

  • 20点以上:今の仕事に十分満足している
  • 16〜20点:今の仕事を続けてよいのかという疑間はある
  • 11〜15点:よい仕事があれば転職することを考えている
  • 10点以下:早く転職したい

どの質問項目がネックになっていますか?会社にこのまま残った場合と、辞めて転職した場合のメリット・デメリットをしっかりシミュレーションしてみましょう。

5.おすすめの転職エージェント

5−1.非公開求人が魅力!転職なら【DODA】

インテリジェンスの「DODA」は、転職のプロに相談できる転職サービスです。人材紹介を通しての転職や、直接企業に応募して転職も可能です。DODAでは、エージェントサービスにご登録いただいた方に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。求職者の希望とベストマッチする求人情報は「非公開求人」の中にこそあるのかもしれません。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

5−2.クリエイティブ職に特化【マイナビクリエイター】

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーだからこそ伝えられるポートフォリオの作り方。マッチング力 Web職・ゲーム業界の求人紹介は量より質!あなただからこそ合う求人を厳選紹介など豊富なサポートが受けられます。

Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!

5−3.20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

『マイナビジョブ20's』は20代・第二新卒の若年層に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。 20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。

マイナビジョブ20'Sで相談