転職log

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい“転職"のすべて教えます

【会社にバレたら超危険?】転職活動を秘密にして進める12の方法

皆さん、こんにちは。
転職log編集長のサイトウです。

このブログでは、転職エージェントとして学んだ転職ノウハウを皆さんにシェアしています。

転職活動を秘密にするべきか、会社や同僚に話すべきか悩んでいる方からこんな相談を受けました。

現在、転職活動中です。会社や同僚に転職活動をしていることを秘密にしているんですが、前もって話をしたほうがいいんでしょうか?

同僚に秘密にし続けるのも心苦しくなってしまいます。

私の答えは、「全ての人に対して転職する事を秘密にしましょう」です。今回は、なぜ秘密にすべきかと、転職活動を秘密裏に進める方法をご紹介します。

1.デメリットしかない!転職活動は極力秘密にして進めましょう

1−1.この先、転職に成功するかどうかはわからないので、保険として辞めずに残る事も考慮する

転職先が決まってから現在の会社を退職しようと考えている場合、転職活動は周囲の誰にも気づかれないように進めなければなりません。この先、転職活動が成功するか失敗するかはわからないのです。

転職活動期間が思いのほか長引き、不本意ながら今の会社に在籍し続けるかもしれませんし、最悪のケースでは転職をあきらめ、一生その会社に勤める可能性もあります。

未来は、分からないのだから失敗した場合や、転職に成功したとしても転職がバレてしまった他人に邪魔される可能性も考え慎重にならないといけません。あなたの人生を幸せにするためですから、多少心が痛むとしても絶対に口外しない事です。

1−2.日本人は自分が損してでも相手の足を引っ張る?

さらに、日本人の民族性もあり、口外することはデメリットしかありません。以下に日本人の民族性に関する面白い実験結果をお伝えしたいと思います。

大阪大学社会経済研究所の西條辰義教授の一連のゲームによる実験の結果、どうやら『日本人は「いじわる」がお好き?』らしいというのです。

簡単に要約すると、公共財をみなでお金を出し合って作ろうとすると、日本人は最初は米国人や中国人より「ただ乗り」を目指す人(これも 「だし抜く」といういじわる)が多い傾向にあるけれど、それを見た他の人が「ずるは許せない」とばかりに自分の損もかえりみずに足を引っ張る(いじわるをする)ので、ゲームを続けるうちに「協力しないと後が怖い...」と悟り、最後は米国人より協力的になる、というもの。

自己の取り分を減らしてまで相手の取り分をよけいに減らす行為を「スパイト(いじわる)」行動と名付けました。

【中略】

だいぶ後になってからですが,私たちの研究をみたメステルマンたち(Economics Letters,2001)のグループが,スパイト・ディレンマ実験とほぼ同じ実験を実施し,カナダ人はほとんどスパイト行為をしない,という結果を公表しました

https://www.iser.osaka-u.ac.jp/~saijo/pdffiles/keisemi06-01.pdf

大阪大学社会経済研究所の西條辰義教授の実験結果によると、どうやら日本人は自分が損してでも相手の足を引っ張る意地悪な性格とのこと。

認めたくはないですが、思い当たる点が自分にも他の日本人にもありすぎて嫌な気分になりますね。

さて、少し想像してみましょう。転職活動をしていることを会社や上司・同僚に話したとして、相手が良い反応をしめし、あなたに協力してくれるでしょうか?それとも嫌がらせや妨害をしてくるでしょうか?

考えるまでもなく良くない(悪い or 酷い)反応をする方のほうが多いことは容易に想像できます。

転職活動は秘密にして進めましょう
  • この先、転職に成功するかどうかはわからないので、保険として辞めずに残る事も考慮する
  • 日本人は自分が損してでも相手の足を引っ張るみ性格性格。秘密を打ち明ける事で脚を引っ張られる可能性あり!

2.転職活動を他人に話すデメリット

2−1.冷遇される、邪魔される、いじめられる

会社や他人に転職活動がバレてしまうと、具体的にはどんなデメリットが起こるでしょうか?

  • 「担当していた仕事のポストを外され、窓際族扱いに。」(男性/31歳)
  • 「飲み会で同僚の愚痴につきあっていたときついはなしてしまった、その後上司からネチネチいじめを受けるように。」(女性/25歳)
  • 「面接のための半休を受理してもらえない、面接のため定時に帰らないといけないのに不思議な力で帰れなくなるなど、露骨な妨害を受けました。」(女性/24歳)
  • 「執拗な引き止め受け、転職を思いとどまったら、態度が一変して気がついたら窓際族に……。」(男性/34歳)

冷遇される、邪魔される、いじめられるなど、あなたにとってプラスに働く事は何一つ起こらないと考えてよいでしょう。ぞっとするような悲惨な状況を起こさないためにも、転職する事は絶対に秘密にしなければなりません。

3.転職活動は心を鬼にして進める!親しい同僚や家族にも秘密に!

転職活動を他人や会社にバレないようにするにはどうしたら良いでしょうか?それには、親しい人間にも口外しないという決意をする事が重要です。

3−1.親しい同僚にも秘密に

気の合う同僚に黙って転職活動をする事は、彼らを裏切っているようで忍びないでしょう。同僚との飲みでつい話てしまう、その気持ちはわかりますが、愚かな行為と言えるでしょう。

もし、信じていた同僚の口が軽かったら、あなたが転職活動中で、いずれ会社を辞めるつもりだと会社中にバレてしまうかもしれません。

あなたが転職活動をしており、辞めるつもりだと言う事を聞いて、積極的に転職活動を応援してくれる人間が存在するでしょうか?

「俺たちを裏切るのか?」
「ここから抜け出そうとするなんてけしからん!」
「あいつだけ良い場所に移るなんて絶対に許さんぞ!」

と、事あるごとにあなたに辛く当たったり意味もなく妨害する人間が増える事になるでしょう。ですから、どんなに気を許している人間にも秘密にすべきです。

どこから漏れるか分からないのです、しかしあなたの胸の内にしまっておけばバレる事はありません。

3−2.家族にも秘密に

家族にもなるべく秘密にすべきでしょう。例えば、あなたに専業主婦の奥様がいたとします。奥様が同僚の奥様とつながっている可能性はないでしょうか?社宅に住んでいたら絶対に話すべきではないです。奥様ネットワークの伝搬力を想像以上に早いのです。

また、家族に転職したい旨を伝えたとして、良い反応が返ってくるとは限りません。素直に応援してくれるでしょうか?子供がいるのでお金がかかる、家のローンが、安定した収入が・・・、賛成よりはあなたの転職を否定する人の方が多いでしょう。

以上のように、転職すると心に決めたからには誰にも口外せず不退転の決意で、たった一人で粛々と進める事がベストなのです。

4.会社にバレずに転職活動を進める方法

さて、ここからは会社にバレずに転職活動を進める具体的な方法についてご紹介いたします。

  • 会社探しをバレずに進める4つの方法
  • 企業とのやりとりをバレずに進める4つの方法
  • 面接をバレずに進める4つの方法

上記3種類についてポイントを絞って説明しますね。

5.会社探しをバレずに進める4つの方法

ハローワークへ行く事や転職エージェントとの面談をこっそり行うにはどうしたら良いでしょうか。

5−1.転職エージェントを活用して、土日に面談

忙しい方はまず転職エージェントに登録してみるのがオススメです。

転職エージェントとの面談はかなり融通を聞かせてくれます。平日は仕事が忙しく時間が無いのなら、面談を土日に設定する事も可能です。柔軟に対応してくれるので、お願いすれば面談も電話やskypeなどのでも対応してくれます。

転職エージェントは求人の紹介はもちろん、応募書類の作成サポートや面接対策、 転職活動のスケジュール調整などあなたの転職を全面でサポートしてくれます。キャリアプランのご提案から企業情報の提供、応募書類の書き方、面接対策まであなたの転職をサポートします。

サービスは全て無料、保険も兼ねて3社ほど登録するのが良いでしょう。

人材紹介NO.2の「DODA」

DODAは人材紹介会社実績NO.2の会社です。規模が大きいのでどの業種業界にも強く求人企業との強いパイプもあります。転職のプロ・キャリア コンサルタントが、通常の求人だけでなく、非公開求人も紹介してくれます。また、面接対策やキャリアプランの提示 など手厚いサポートを受けられます。

Webクリエイターの転職なら「マイナビクリエイター」

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビクリエイターの転職エージェントは元Web・ゲーム業界出身者が多く、適切なサポートを受けられます。また元業界出身者だからこそ、ポートフォリオの作り方や添削もしてくれます。

5−2.転職サイトを活用して帰宅時や通勤時に転職活動

転職エージェントは求人をおすすめしてくれますが、転職サイトでは自分で能動的に探せる点が大きな違いです。転職エージェントは仲には生理的に合わない方もいますが、自分都合で探せる転職サイトはその心配がいりません。
帰宅時や休日、通勤や移動時など場所や時間を選ばずに使えます。

スカウト機能もあるので、登録しているだけで企業からスカウトメールが届きます。自分に興味を持ってくれた企業とだけ面接するのもオススメです。

リクルートが運営する地元密着の転職サイト「はたらいく」

リクルートグループの運営する転職サイトです。全国対応で、地元や地域に密着した求人情報がたくさんあります。らいく機能で、あなたの興味のある企業へアピールすることができます。企業かららいくが来る事も。

5−3.営業で外回りする時間を有効活用

営業で外回りは自分の時間をアリバイ工作しやすく、外回り時にこっそりハローワークや人材紹介会社や面接に行く強者もいます。 これはついでにできるような軽めの転職活動タスクをねじ込むのがオススメ。
ばれてしまうリスクが高くなる事や、重要度の高いタスクはやらないように、あくまで安全に進めましょう。

5−4.有休を有効活用

業務の合間の外出や、急な早退、不自然な遅刻などは転職活動を怪しまれるきっかけになってしまいます。
人材エージェントとの面談など会社探し期間も有給を使って午後休にするなど怪しまれない or 詳しく詮索できない方法を取りましょう。

会社探しをバレずに進める4つの方法
  1. 転職エージェントを活用して、土日に面談
  2. 転職サイトを活用して帰宅時や通勤時に転職活動
  3. 営業で外回りする時間を有効活用
  4. 有休を有効活用

6.企業とのやりとりをバレずに進める4つの方法

企業とのやり取りは営業時間中に会社にいる営業時間内に行われるケースが多いでしょう。問題無く進めるには以下のポイントに注意してください。

6−1.転職先の担当者や、転職エージェントに事情を説明して融通を付けてもらう

希望先の会社への問い合わせや、面接の日程の打ち合わせなど、電話連絡は欠かせませんので、あらかじめ手を打っておく必要があります。

たとえば、勤務先の電話を使わず、携帯電話や自宅の留守番電話を使ったり、家族に連絡をしてもらうといつた方法があります。 その際は、履歴書の連絡先欄にその旨記載しておきます。
どうしても会社に電話してもらうしかないのであれば、すぐに席を外して外から折り返し連絡します。
人材紹介会社などに登録する場合にも、個人名で連絡するように依頼しておくなど、注意しなければなりません。

転職活動中とはいえ、在職中なので営業時間帯は携帯に連絡をしない、連絡はなるべくメールで、電話は自宅の留守電後折り返す、など一言お願いしておけば問題なく調整してくれます。

6−2.転職専用の新規アドレスを作る

転職エージェントや企業担当者とのやり取りは主にメールです。
自分が普段使っているメールだと送信相手を間違えてしまったり、エージェントや企業担当者からの重要なメールが埋もれてしまう可能性があるので転職専用のメールアドレスを取得する事をお勧めします。

Gmailなどを使えばスマホでも会社PCでも自宅PCでもメールチェックや送受信が可能で非常に便利です。会社のメールアドレスを使うなんて言語道断ですよ。

6−3.携帯はマナーモードに

話を付けておいても転職先企業や転職エージェントから電話連絡が入る事は普通にあり得ますので、携帯はマナーモードにし社内の誰にも気づかれないようにしましょう。

6−4.会社でメールチェックや転職サイトを見ない、見るときは外で

会社PCを使うときは背後に人がいないか?のぞきこまれていないか?など細心の注意を払いましょう。

用心深い方にオススメなのが、会社で転職サイトやエージェントとのメールを見ない方法です。

見るとしても、ランチやトイレの個室、休憩時間にオフィスから離れた安全な場所でチェックする等細心の注意を払いましょう。 また、どうしても会社PCで転職サイトや転職メールのチェックを行わないといけない場合は、背後に注意を払いのぞきこまれないようにする、転職サイトの閲覧履歴をこまめに削除するなど、こちらも注意を払ってください。 セキュリティの厳しい会社だと、会社PCでの閲覧履歴ログを取っている場合もあるので、なるべく会社PCではサイトを見ない方が良いでしょう。

背後に上司が来た場合、転職サイトの表示画面をいつでも隠せるようにしておくと更に良いです。

企業とのやりとりをバレずに進める4つの方法
  1. 転職先の担当者や、転職エージェントに事情を説明して融通を付けてもらう
  2. 転職専用の新規アドレスを作る
  3. 携帯はマナーモードに
  4. 会社でメールチェックや転職サイトを見ない、見るときは外で

7.面接をバレずに進める4つの方法

会社を抜け出さなければならない「面接」は最大難関。バレないように慎重に進めましょう。

7−1.クライアントへの直帰アポ、外回り営業など自由にできる時間を利用して面接へ

クライアントへの直帰アポ、外回り営業など、アリバイ工作がしやすく自分一人で行動できる機会を利用して面接に向かいましょう。

またフレックスタイム制の会社の場合には朝一で面接し、その後出社という時間差面接もおすすめです。

7−2.こっそりスーツ対策

普段スーツを着ない会社や職種の場合は、面接のためにいかに気づかれずにスーツを着るかがポイントになります。

私服OKな会社に在籍している場合、転職活動で怪しまれないためにあえて普段からスーツ着用するのも手です。「スーツだと選ばなくて楽なんだよ」など適当な理由を付けて毎日スーツですごせば隠蔽工作になります。

また、スーツをコインロッカーに入れておく、スーツを着るために半休を取り一旦家に帰る、通勤で使う車の中にスーツを入れておき着替えるなども有効です。

職種によっては、面接時あえてスーツを着ないという選択もありです。 新卒の就活ではないので、社会人としての常識的な振る舞いができていればスーツを着ていなくとも問題はないでしょう。

「スーツを着ていない、けしからん!」そんな評価をされてしまった場合は、逆にそんな会社に受からなくて良かったという事です。スーツを着ていようが着ていまいが、面接は相性でしかないのであまり難しい事は考えなくても良いでしょう。

7−3.時間や面接方法を調整してもらおう

平日の面接が難しい場合は、その旨をしっかり伝えて調整してもらいましょう。 お願いすれば土曜日に面接してもらう、遅い時間に面接、電話面談など様々な方法で対処してもらえます。

一次面接だけならこのように融通してもらえる可能性は非常に高いです。 なので、遠慮せずに相談してみましょう。 また、地方から東京の会社へ面接に行くなどの場合はかなりの確率でskype面接もしてもらえます。

7−4.有給休暇を使う

面接のために、嘘をついて休むなどはなるべくしないようにしてください。 ここも安全策として有給休暇を取って面接に行くと確実で安全です。 その際、普段から定期的に有給休暇を取得して、面接日と休暇の区別がつかないようにすれば、上司にあやしまれずにすみます。

さて、このように転職活動は絶対に秘密にし、会社や同僚にバレないようこっそり転職活動を進めましょう!

面接をバレずに進める4つの方法
  1. クライアントへの直帰アポ、外回り営業など自由にできる時間を利用して面接へ
  2. こっそりスーツ対策
  3. 時間や面接方法を調整してもらおう
  4. 有給休暇を使う

8.まとめ

  • 転職活動は会社・同僚・家族に秘密にしよう
  • 転職エージェントや転職サイトを上手く使ってこっそりすすめよう
  • 外回りや有給を上手く使って転職活動の時間に使おう
  • 企業とのやりとりには転職エージェントを使うと便利
  • 社内で転職サイトやエージェントとのやりとりメールを見るのは厳禁!
  • 面接も有給や時間外の面談をセッティングしてもらうなど会社にバレないようにしよう!

9.おすすめの転職エージェント

9−1.非公開求人が魅力!転職なら【DODA】

インテリジェンスの「DODA」は、転職のプロに相談できる転職サービスです。人材紹介を通しての転職や、直接企業に応募して転職も可能です。DODAでは、エージェントサービスにご登録いただいた方に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。求職者の希望とベストマッチする求人情報は「非公開求人」の中にこそあるのかもしれません。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

9−2.クリエイティブ職に特化【マイナビクリエイター】

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーだからこそ伝えられるポートフォリオの作り方。マッチング力 Web職・ゲーム業界の求人紹介は量より質!あなただからこそ合う求人を厳選紹介など豊富なサポートが受けられます。

Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!

9−3.20代第二新卒専門の転職は【マイナビジョブ20's】

『マイナビジョブ20's』は20代・第二新卒の若年層に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。 20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。

マイナビジョブ20'Sで相談