転職log

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい“転職"のすべて教えます

転職成功した人はいくつ応募した?データで見る求人応募数と内定数の必勝パターン

転職を成功させるには何社に応募するのが良いでしょうか?転職エージェント大手のDODA、リクルートキャリアや@typeが調査したデータをもとに転職で内定を獲得するために必要な応募数を徹底解説!応募を同時にしてもいいのか?どれくらいの会社に一度に応募すべきか?効率的な応募方法は?など転職ノウハウもお伝えします。

今回は、各転職支援会社が調査した内定をもらうまでの応募数データをご紹介。自分の応募数が妥当なのか、進め方が正しいのか、効率的なのかを把握しましょう。

何社に応募しらいいの?という疑問にお答えします。

目次

 <調査データ>転職で内定をもらうには何社に応募したらいい?

 
転職で内定をもらうには何社に応募したらいい?
 
3ヶ月で20社への応募を目安に進めましょう。

※転職活動は3ヶ月が目安。その期間中に20社前後へ応募するスピード感で進めましょう。

転職で内定を獲得をするにはどれだけの会社へ応募する必要があるのでしょうか?転職エージェント大手の3社が自社の転職サービスを使い転職に成功した方々のデータを集計・公表しています。調査データから内定獲得に必要な応募社数をご紹介します。

17社(DODAの調査結果)

13.1社に応募した人は、3.2社の一次面接(書類選考通過)を受け、次のステップに進めた0.8社の中から内定を得ている。つまり1社の内定を得るためには最低17社に応募する必要がある

転職成功者の「平均応募社数」

18社(リクルートキャリアの調査結果)

18社応募すると半分程度が書類選考を通過し、10社前後面接に進んだ中から1、2社程度内定

「第27回転職世論調査」転職実現者2274人に聞きました。

11社以上に応募が最多(@typeの調査結果)

内定獲得者を対象にしたアンケートでは11社以上に応募したケースがもっとも多く、内定獲得者全体のうち28%が11社以上に応募している。

データで見る初めての転職

平均で17、18社に応募しているケースがもっとも多い。転職に成功するには数をこなすことが必要なようです。

3ヶ月20社を目安に転職活動を進めよう

私の転職エージェント経験からの肌感覚でも、だいたい3ヶ月間で20社前後に応募するようおすすめしています。最初の1ヶ月で5〜7社ほどに応募し書類や面接対策をブラッシュアップ、納得できる内定を獲得できるまで転職活動を進めます。


応募数調査データの内訳

リクルートキャリアが調査データの詳細な内訳を出しています。年齢や性別によって何社に応募しているのか細かな数字を見てみましょう。

今回の転職活動で応募した数(リクルートキャリア)

全体(男女全年齢)からわかること

  • 全体平均応募数は「18.27社」、内定獲得のためには数をこなす必要があることがわかる
  • 「16〜20社」に応募したケースが最も多く18.3%
  • 10社以上に応募した割合は全体の72.8%

男女の違いからわかること

  • 男性の平均応募数は18.81件、女性は15.30件
  • 女性の方が応募数は3社少ない
    (女性は内定獲得しやすいのか?あるいは男性の回答数445に対して女性の回答数は82件と少ないことからも特別優秀な女性からの回答が多いのか?あるいは女性は結婚や妊娠などで早期に辞める事が予想されるので、企業側もハードルの低い募集しか出しておらず、応募数が3社少ないのか理由は判別がつかない)
  • 調査数に大きな差がある。男性445人に対して女性82人。女性が少ないのは、内定を取れなかったのか、転職が少ないのか、女性労働者が少ないのか、たまたまアンケートに返答しなかったのか不明。

男性:〜25歳からわかること

  • 「16〜20社」に応募したケースが22.2%と最も多い
  • 早く決める派(5社以下:33.4%)とじっくり決める派(10社以上:61.1%)がいるようだ
  • 就活に失敗し慎重に転職活動している第二新卒もいるようで、たくさんの企業に応募して吟味している層がいる
  • 2社で決めている割合は11.1%と全年代の中で最も高い、若いだけあって内定を早期に取りやすいようだ。未経験OKの求人も多く、適職を探すために異業種への転職するなら、経験を問われないこの年代が一番良いことがわかる

男性:26〜30歳からわかること

  • 「16〜20社」が16.7%と最も多い
  • 5社前後で決めているケースも多いので、経験+履歴書のスペック+転職回数の少ないことなどの要因によりすんなり決まるケースが多いと予想できる
  • 5社以下の早く決める派は32.3%
  • 20代男性はたくさん応募しじっくり吟味しながら探すこともできるし、応募数は少なくすぐに決めることも可能、どちらにしろ売り手市場

男性:31〜35歳からわかること

  • 「10社」が最も多く20.5%、次が「16〜20社」の18.9%
  • 「10社」が最も多いのは、30代になり10社以下で決めていた早く決める派が苦戦し「10社」に入ってきたことが要因か?
  • 転職者数は122人で全層で最も多い

男性:36〜40歳からわかること

  • 「16〜20社」応募が最も多く16.3%
  • 応募平均が19件まで上がる
  • 「31社以上」応募が16.3%。他の年齢では5%前後なので苦戦している層がかなり多くなる
  • 応募数が少ないケースと多いケースがあり、実績が評価され引く手あまたのケースと、未経験に挑む層や実績不足などで面接に苦戦している人がいるようだ

男性:41歳以上からわかること

  • 「31社以上」が最も多く26.8%、平均応募社数も23.33件で全年代通してもっとも多い
  • 条件が合わない(内定は出るが辞退:管理職ではなく平社員 or 給料が安いetc.)のか、そもそも採用されないのか不明とはいえ苦戦している様子
  • 転職は長期化することが予想されるので、在職しながら長期戦で良い会社を見つけるようにしよう
  • 転職エージェントを使った通常の転職活動では苦戦することがわかりきっている、40代になる前にしっかりスキルアップや人脈構築をし、確度の高いヘッドハンティングや紹介で転職できるような強いコネを作っておきたい(あるいは起業)

女性:〜25歳からわかること

  • 「10社」が最も多く25.9%、次いで「6〜9社」「16〜20社」が同じ12.5%
  • 男性24歳の平均応募数は14.56、女性25歳の平均応募数は12.56、女性のほうが少ない応募数で転職している
  • 早く決める派が多い一方、男性と同じく第二新卒で就活に失敗した層が慎重に活動している様子、16社以上というケースも多い

女性:26〜30歳からわかること

  • 「16〜20社」が最も多く25.0%
  • 傾向としては女性〜25歳と似ている 
  • やはり同年代の男性と比較しても少なく決められている様子

女性:31〜35歳からわかること

  • 「5社」「10社」「16〜20社」が同数で最も多く15.4%
  • 平均応募数が女性の全年代通してもっとも少ない11.35社
  • 傾向がバラけることと、応募社数が少ないことから結婚や育児から再就職した層がハードル低めの仕事に就いたのかもしれない

女性:36〜40歳からわかること

  • 「31社以上」が最も多く27.3%
  • 「5社」で決めるケースは2番目で18.2%
  • キャリア思考とハードルの低い事務職希望など2極化しているのかも
  • 男性より平均応募数が多い、転職に苦戦している

女性:41歳以上からわかること

  • 「16〜20社」が最も多く60.0%
  • とはいえ、女性:41歳以上はたった5人しかいないため一般的な傾向は読みずらい
  • 男性より平均応募数が多い、転職に苦戦している

20社に応募して内定はどれだけもらえる?

 
20社も応募してどれだけ内定もらえる?
 
だいたい1、2社が多いです

※半数以上が1社のみしか内定がもらえませんでした

今回の転職活動で何社から内定が出ましたか?(リクルートキャリア)

男女全年齢全ての中でも1、2社から内定をもらうケースが最も多いです。ショッキングですが半数を超える53.5%が「1社」からしか内定をもらっていません。

20社前後応募して、ようやく1社…、何かがおかしい…。


転職を成功させる、本当に大切な考え方

応募20社でようやく内定1社というショッキングなデータが明らかになりました。転職はそれだけ難しく大変だということですが、成功させる秘訣などあるのでしょうか?

ここでは、夢を叶えた人がどれだけいたのか調査した面白い実験を紹介しつつ、成功するために大切な考え方をお伝えします。

夢を叶えた人はたった2%?成功したのは偶然!?クランボルツの研究結果

スタンフォード大学の教育学・心理学の教授であるジョン・クランボルツらが行った調査によると、18歳のときに考えていた職業に就いている人は、たった2%しかいなかったとのこと。夢を叶えるのは難しいんですね。

18歳のときに考えていた職業に就いている人は、全体の約2%にすぎなかった

クランボルツ理論の「計画された偶然」

また同教授の、米国で成功したビジネスマン数百人を対象にした調査では「自分の今のキャリアは予期せぬ偶然によるものだ」との答えが80%にものぼりました。

社会的成功を収めた数百人のビジネスパーソンの約8割の人が、「自分の現在のキャリアは予期せぬ偶然によるもの」と答えた

キャリアプランはムダ? キャリアの8割は「偶然」形成される

ゴールを設定して頑張るのはナンセンス「計画された偶発性理論」とは?

これらの研究結果に基づいて構築されたのが、「計画された偶発性理論(プランド・ハップンスタンス)」です。

クランボルツ教授は、キャリアは偶然に作られる以上、中長期的なゴールを設定して頑張るのはナンセンスであり、努力はむしろ「いい偶然」を引き寄せるための計画と習慣に向けるべきだと主張しました。

今後一切キャリアの意思決定はしないでほしい!

彼は「今後一切キャリアの意思決定はしないでほしい」とその著書で主張しています。転職エージェント経験10数年の私自身、この強烈なメッセージに衝撃を受けました。

調査からも明らかなように、キャリアの多くは予期しない偶然の出来事によって支配され決定します。将来の目標を明確に決め、そこから逆算して計画的にキャリアを作り込んでいくなような方法は現実的ではないのです。むしろ優柔不断くらいでよく、心を開いた状態で、予期せぬ出来事を柔軟に受け止め、良い偶然を引き寄せるよう行動した方が明るい未来を獲得できます。

良い偶然を引き寄せるために数をこなす

転職大手エージェント各社の調査データから「応募数が20社前後必要」と知り、「そんなに応募しないといけないのか!?」と動揺した方も多いと思います。

しかし、この「計画された偶発性理論」からもわかるように、良い偶然を引き寄せるには、ある程度数をこなす必要があります。

あなたの幸せな未来や成功したキャリアを実現できるのは良い偶然です。それを引き寄せる確実な方法は数をこなすこと。応募20社というちょっとビックリしてしまうような数も当然なのかもしれません。

転職を成功させる、本当に大切な考え方まとめ

  • 転職(だけでなくあなたのキャリアも含め)を成功させる要素は、偶然があまりにも大きい
  • 良い偶然を引き寄せるための行動をしよう
その幸運は偶然ではないんです!

その幸運は偶然ではないんです!

  • 作者: J.D.クランボルツ,A.S.レヴィン,John D. Krumboltz,Al S. Levin,花田 光世,大木 紀子,宮地 夕紀子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 単行本
  • 購入: 12人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (37件) を見る
 

モチベーション・労働生産性まで先進国中最下位、日本企業の異常性

成功するには数をこなす必要はわかりますが、20社も応募して1社しか内定がもらえないのは、何かがおかしい気がします…。本当の所どうなのでしょうか?

一人あたりの労働生産性だけでなくモチベーションも先進国中最下位だった日本

よく知られたことですがGDPでは世界第3位の日本、一人あたりの労働生産性では先進国中最下位(世界第27位)です。労働時間の割にはまったく稼げていないし、金にならないわりには前時代的で儀礼的な謎の慣習がたくさん残っており、効率の悪い働き方をしています。

1人あたりGDPは先進国最下位(世界第27位)

皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、有給休暇もほとんど消化せず、一所懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」

「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実

それでけではありません。労働者のモチベーションや、やる気について、世界各国の企業を対象に米国の人事コンサルティング会社が調査したところ、調査をした主要28カ国中で日本は最下位でした。

日本企業の社員の「やる気」は世界最低

この「従業員エンゲージメント指数」、世界最高はインドで77%。以下、デンマーク67%、メキシコ63%と続く。他の主要国では、アメリカが59%で5位。中国57%、ブラジル55%、ロシア48%など。イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ先進国も40%台後半で弱い。韓国は40%でブービー賞。日本が31%でダントツの最下位である。というわけで、日本の社員のやる気は世界最低という次第である。

世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?

ようするに日本の労働者はやる気が無いうえに、ろくな仕事をしないからアウトプットも最低、死んだ目で働きながら、残業だけはダラダラ続ける給料泥棒だという事が明らかになってしまいました。

これは日本の労働者個々人に問題があるのかというとそうではなく、日本企業のマネジメントや働き方が非効率&異常ということが原因だと様々な方面から指摘されています。

仕事ができず、やる気最低なだけですまなかった!日本の「人材ミスマッチ」は世界最悪レベル

イギリスの人材サービス会社ヘイズ(Hays)が、The Hays Global Skills Index 2016を発表しました。これは、ヘイズが英国の調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から毎年行っている調査です。

ここで衝撃の事実があきらかになりました。日本は、「一人あたりの労働生産性」や「モチベーション」が先進国中最低なだけでなく、「人材ミスマッチ」までも世界最悪レベルだったのです。

日本の「人材ミスマッチ」は世界最悪

日本における「人材ミスマッチ」はアジア・太平洋地域で最も悪い9.8。2015年の10.0から若干の改善を見せたものの、依然として世界最悪のレベル。

日本の「人材ミスマッチ」は世界最悪

世界最悪の要因としては、日本企業が求めるスキルと、求職者が持っているスキルが大きくかい離しているからとのこと。

『社内政治がうまくて上司へのゴマすりが大得意で、部下のマネージメントもバッチリ。プレイヤーとしてはスペシャリストな天才エンジニア。コードも書けて顧客とのやりとりもっばっちり、PMとしても働ける、しかも年齢も若くて、給料もそんなに高く払わなくてもいい。残業100時間超えても全てサービス残業で、文句一つ言わない社畜。』そんな都合の良すぎる人材を日本企業が求め「良い人がいない…」と嘆いているのはなんとなく予想できます。

しかし、野球でいえば投手としても一流、バッターとしても一流、守備もできて、おまけに監督までやれる超人、そんな馬鹿げた人材なんていません。

他国で必要とされているのは優秀なバッターやピッチャーです。一芸に秀でたスペシャリスト。そもそも総合職なんて他所の国に存在しません。

総合職という闇

海外では仕事において、採用は「プログラマー」であったり、「コンサルタント」であったりと、そもそも細かく分類されている。

日本において仕事はまずは総合職として一括で新卒を採用し、そのあとに配属でいろいろな部署に配属される。

総合職という闇

日本のおかしな商習慣をひきづった結果、「一人あたりの労働生産性」「モチベーション」そして世界最低レベルの「人材ミスマッチ」を引き起こしています。

ここが変だよ日本の採用!そもそも面接官は面接の素人

あなたの合否を判断する面接官は、面接についての専門の教育や研修を受けていません。はっきり言ってどの面接官も素人です。

素人なので、あなたの見た目や雰囲気、自分の好みの人間か?生意気ではなく従順な社畜や部下としていばれるかどうかでしか判断していません。

自分の地位を将来脅かしそうな能力の高い優秀な人間を落とし、能力が低く自分が支配できそうな人間を採用したとしても面接官にペナルティーは無いのですから面接なんて気楽なものです。

実際、多くの面接官は面接時の最初の数秒の印象で採用するかどうかを決め、あとは面接中のやりとりで落とす理由をひねり出すというケースが多いでしょう。人は見た目が9割 (新潮新書)というベストセラー本もありますが、心理学の研究でも最初の印象で好感度が決まってしまうことが明らかになっています。

好感度は初対面の数秒できまる

デポー大学心理学部のマシュー・ハーテンステインの調査によると「好感度は初対面の数秒できまる」ということがわかりました。

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

 

本当に優秀な人が来ると困るし、むかつく面接官

日本の面接官は自分の好き嫌いの感情だけで判断する傾向が高く、自分のライバルになりそうな優秀な人材を採用しません。皆さん特に35歳以上の方の面接で自分の実績を話していたのに、「そんな実績はたいしたことがない、おれの方が凄い!うちの会社にはもっとすごい奴がいる!」など、面接官から謎のマウンティングを受けた方は多いのではないでしょうか?

日本の金融機関(安田信託銀行)に新卒で就職し、その後人事系のコンサルタントとして日本の大手企業にコンサルティングしているロシェルカップ氏は日本の奇妙な採用についてこう指摘しています。

 

実績の話聞かれなかった?奇妙な面接が横行

中途採用には、より厳格な面接のアプローチが必要である。どの大学を卒業したか、人柄はどうかと言う事よりどのような能力があり、前の職場でどのような形で実績を上げたかについて知る必要がある。

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

つまり能力なんて見てないんですね。能力で採用するなら能力も経験も実績もある35歳以上こそ採用されやすくなるはずですが、むしろ大苦戦しているのはリクルートキャリアの調査からも明らかです。

また圧迫面接というのもよくあると思います。あれも戦略的な意図を持って行っているケースは0です。単に自分に自信のない面接官が動揺を隠すために偉そうにしているだけです。素人だからああいったバカな事をしてしまうんです。

明確な採用基準が一切ない、インスピレーション採用

あなたがどれだけ優秀だったとしても、あなたの能力・実績・内面をしっかり見てくれる面接官はほとんどいません。

あなたも薄々気づいていると思いますが、日本では能力より面接官の好みや精神性、社畜耐性を求める不思議な採用をしています。

能力より社畜耐性、学歴や印象だけで判断する採用

社員の採用にあたっては、特定の経験や技術よりも、性格や態度、素性(出身校、課外活動、教授からの推薦、会社との関係など)が重視される。会社から将来割り当てられる仕事を、それが何であってもこなしていく潜在能力を候補者が持っているかどうかに焦点が当てられる。

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

三次面接まであったとすると、6人ほど面接官が出てきますが、全ての面接官に「こんな人を採用しよう!」という明確な採用基準がありません。共通認識も無く、事前の打ち合わせもなく、スキルや、外せないポイントなどを明示することもありません。世界的に見ると異常なことです。

日本には存在しませんが、他国では職務内容記述書と言うもので社員にどんな仕事をすべきかを明示し、それを元に求人活動をし、その職務を遂行できる人材を採用しています。

日本では、面接時にどんな仕事をするのか質問してもあやふやな返答しか返ってこない事も多いですが、世界的に見ると異常なことです。

会社を辞めざるを得なかったスーザンの悲しい話

彼女には職務内容記述書もしくは彼女に期待されている職務が何であるかについての説明が何も与えられなかった。何週間経っても何も用意されなかった。〜(中略)〜「会社は私を雇用した際、私の学歴と能力がどの程度か知っていたわ。会社は私に何をさせたいのか具体的な何かを考えていなくてはならなかったはずよ。それが何かを知らされるまで私は待つつもりよ!」しかしながら結局、スーザンは一度もその情報を与えられることもなく、チームに加えられたり貢献したりすることもなかった。数ヶ月後、彼女は会社を去る決断をした。

外国人従業員及び海外人事にとって、職務内容記述書が重要な理由

さらに新卒採用では、わざわざ1年もかけてじっくり人材を見極めているはずですが、三年以内に辞めてしまう新卒入社の社員が3割もいます。会社や仕事にマッチしない人を学歴や印象だけで決めるから3割もミスマッチが起っているのです。

人材ミスマッチが世界最低レベルというのも、職務内容記述書もなく、素人面接官が適当にインスピレーションやフィーリングだけで決めていることが大きな要因です。

応募数20社は異常だと認めざるをえない

「一人あたりの労働生産性」、「モチベーション」、「人材ミスマッチ」の全てが先進国中最低レベル、この国の働き方、採用が根本的におかしいからこういった結果になっています。

正直言って、これは異常です。しかし日本で生きていく以上悲しいですが、この異常な転職に適応するしかありません。 今この瞬間はがまんして、しっかりスキルアップし、ゆくゆくは独立してフリーランスになったり起業して社長になったり、あるいは優秀なスキルを活かして海外の優良企業で働いたりと、人間的でまともな生活で、あなたの人間性も尊重してもらえるような場所に行けるようステップアップしていきましょう。

早晩この国は衰退し、中国の経済的な植民地になるか、弱体化するアメリカといっしょに細々と生きるか、どちらにしろ明るい未来はないでしょう。現に様々な問題が明るみになっているのに、改善しようという動きはほとんどないようです。


まとめ

  • 3ヶ月で20社への応募を目安に進めましょう。
  • 20社応募で1、2社内定
  • キャリアは偶然に作られる「いい偶然」を引き寄せるための行動をしよう

第二新卒のおすすめ転職エージェント17選

あなたにあった、転職エージェントを探しませんか?

第二新卒のおすすめ転職エージェント17選についてさらに詳しく