Fラン・第二新卒が、まんまと大手企業へ転職する方法と成功者インタビュー8選

ーーこの男は実在する。

「Fラン卒」「たった1年で辞めてしまった第二新卒」「6年間のひきこもり」「高校中退」「他の新卒より年齢はかなり上」通常であれば書類選考で即落とされるスペック。

何重にも重なったハンデを覆しIT大手「Yahoo! Japan」へFラン卒の第二新卒なのに転職した猛者がいる。

いったい、どうやって大手企業に潜り込んだのか?

Fラン卒の低学歴、入社3年以内に辞めてしまった第二新卒という逆境をはねのけて大手企業に転職を成功させる猛者達がいます。彼らにはいったいどんな秘密があるのでしょう?

  • Fラン卒だから大手企業なんて絶対無理だと諦めているあなた
  • 今の会社に不満があり転職しようか悩んでいる第二新卒世代のあなた
  • やっぱり安定している大手企業に転職したいと考えているあなた

もし、大手企業にあなたも入社できるとしたら、どんな気分ですか?生活は変わるでしょうか?家族や友人・知人のあなたへの評価はどうなるでしょうか?異性の反応はどうでしょうか?

実は低学歴や、短期間で辞めてしまった第二新卒という不利な要素があったとしても「転職戦略」さえ間違えなければ、あなたも大手企業に入り、良い給料や手厚い福利厚生を受けながらぬくぬくと生きられる。安定した大手で周りからうらやましがられるということも難しくはないのです。

実際にFラン卒の第二新卒なのに大手企業への転職を成功させた方へのインタビューを紹介しながら、秘密の方法を紹介いたします。

サイトウソンミ

500名をこえる転職成功実績を誇る私だから言えます。
Fラン・第二新卒でも大手に転職できる!

【実例あり】大手企業へ第二新卒がリベンジ転職する方法とキャリア戦略

目次

どうしてFラン卒・第二新卒の私でも大手企業に転職できるの?

第二新卒の転職は結局、「学歴」と「面接」?

「Fランだったので就活では大手企業に見向きもされなかった」「やっぱり学歴フィルターで無理だと思う」などネガティブな事を考えていませんか?

第二新卒転職のポイントは極論を言ってしまえば「学歴」と「面接」のたった2点だけです。

第二新卒の転職活動は就活とは随分違います。

そして、その違いをハックすることでFラン卒のあなたでも大手企業への転職のチャンスができます。詳しく説明しましょう。

サイトウソンミ

「学歴で決まるならFランの私じゃ大手いけないじゃん…」と早とちりしないでくださいね。
あなたでも出来るんです!


経験が短いから、あなたは学歴だけで評価される

第二新卒といえども就活と同じように学歴フィルターがあります。有名大学を卒業していればそれだけ転職も有利です。

なぜなら第二新卒は新卒入社した会社で短い期間しか働いていません。企業があなたを判断するにしても、実績や成績を評価するには短すぎ。評価すべき実績が無いというケースがほとんど。つまり判断のしようがないんです。

サイトウソンミ

結局、大手企業は学歴くらいでしかあなたを評価できません。


第二新卒転職は就活と大きく違う、そこに勝つためのヒントがある

インターン期間も含めれば1〜2年ほどの長期に及ぶ就活に比べると、せいぜい1ヶ月という短期で決まるのが第二新卒の転職活動。

短期間で決まるからこそ選考は単純で簡単。書類選考(学歴)と面接だけで決まります。筆記試験やグループ面接など面倒な選考過程はありません。

だから、第二新卒転職のポイントは極論を言ってしまえば「学歴」と「面接」のたった2点だけなんです。

それさえ勝ち残れればあなたも憧れの大手企業へ転職できます。

サイトウソンミ

第二新卒転職では、あなたを学歴でしか評価できないし、選考も短くシンプルなので面接の印象だけで決めてしまいがち


就活と違って、第二新卒転職では仕事を選べる

選考方法以外にも就活と第二新卒転職の大きな違いがあります。自分の希望職種を選べるということです。

就活では企業から内定をもらい、配属先がわかるのは入社してからでした。自分で配属先を選べなかったですよね。

しかし、第二新卒の転職では自分のしたい仕事や業種に直接応募できます。営業や製造業の工員、ショップ店員などどんな仕事をするのか応募前にわかります。好きな仕事に応募できまるんです。

だから第二新卒転職は、自分に有利な状況を作り出しやすいんです。

サイトウソンミ

応募職種を自分で決められるから有利な状況を作りやすい!


勝つポイントは「学歴以外で評価してもらえる状況を作る」こと

Fラン卒・短期間で新卒入社した会社を辞めたという重い十字架を背負っている第二新卒のみなさん、憧れの大手企業に入るには「学歴以外で評価してもらえる状況を作る」ことが重要です。

具体的には2つの方法があります。

  1. 学歴ではなく、実力を評価してもらう
  2. 学歴での評価が必要ない、学歴不問の職種を狙う

より具体的な話しはこの後にしますね。

サイトウソンミ

あなたの特性に合わせて、有利な状況を作り出せるんです。


面接官は素人、だから騙せる

さて、「学歴」以外のもう一つのポイント「面接」ではどんな戦略が必要なのでしょうか?

あなたは採用面接官は「採用の研修を受けた面接のプロでは無い」ことを知っていますか?彼らは偉そうにしていますが、はっきり言って面接のド素人なんです。

ほとんど主観だけで「自分の部下として言うことを聞きそうか?」「美人やイケメンなどの外見だけで判断」と印象と外面の好き嫌いとフィーリングだけで採用の可否を判断しています。

企業のルールや面接官同士で「◯◯◯といった採用基準でいい子か悪い子かを判断しましょう」なんて共通認識を明文化することはありません。各面接官の勝手なフィーリングだけで採用の可否を決めています。

私も転職エージェントをしながら求職者や企業の採用担当者のリアルな声を聞いています。その経験から良くあるケースが「あれだけ優秀で実績のある子を生意気そうだというだけの理由で落とす」とか。逆に「あの子は顔は可愛いけど、仕事はできないよな…」というような求職者が何故か採用されてしまうことが多々あります。

面接官は素人でフィーリングだけで決める。ここにあなたが勝てるヒントがあります。

サイトウソンミ

面接官は素人、だからこそ騙せる!


大手企業は仕事ができる優秀な社員が欲しいわけではない、だから心配しなくてもいい

さらにもう一点「私は優秀じゃないし、やっぱり大手は無理なんじゃ…」そう思う方もいるかもしれないですね。でも、そう悲観する必要もありません。大手は優秀な人材を欲しがっているのでしょうか?この図を見てください。

企業が求める能力

この図は2016年12月に実施された株式会社ディスコ キャリタスリサーチでの「企業が学生に求める能力」のランキングです。見てわかるように上位に実務能力や優秀さをしめすような要素は一切ありません。

大手企業の本音は「従順な社畜が欲しい」。実務能力が高かったり実際に仕事ができる人材など欲していないことがよく分かるでしょう。

上位に入っているコミュニケーション能力や協調性というのは簡単に言えば「俺の言うことを聞く社畜」ということです。そんな人材ばかりになってしまったら日本企業は滅ぶのではないかと心配になってしまいますが大手企業が欲しがっているのだからしょうがありません。ならば大手が欲しがりそうな人材のフリをすればいいだけです。

サイトウソンミ

大手が欲しがっている人材は従順で指示した事をそつなくこなす社畜ロボット!

特別優秀でなくても大丈夫!

 


この男は実在する! ひきこもりニートのFラン卒、新卒入社の会社をたった1年で辞めても第二新卒で天下のYahooに!?

あなたにもFラン卒・第二新卒でも大手企業への転職が可能だということを知っていただくために冒頭で紹介した方のお話をしましょう。彼の名前は「菊池良」。

第二新卒界の神

元ひきこもり・Fラン卒の高年齢新卒というデメリットがありながらに世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへという逆就活サイトを立ち上げWEB系企業へ就職しました。さらに新卒で入社した会社にはたった1年しか在籍しなかった第二新卒での転職。そんな不利な状況を覆しYahoo! Japanに転職しました。

  • 学歴のハンデ(Fラン卒)
  • 年齢・経歴のハンデ(元ニート)
  • 早期退職(新卒入社のIT企業にはたった1年しか在籍していない)

という、普通の社会人であれば書類選考で落とされる最悪な経歴を大逆転し天下のYahoo!に入社、この奇跡をどうやってなしとげたのでしょうか?


「学歴ではなく、実力を評価してもらう」という土俵で勝負できたのが勝因

菊池さんの場合は、仕事や内定を取るための逆就職サイトを立ち上げるなど、企画力や実務能力で圧倒的な実績を出し、それを評価され転職しました。おそらく引き抜き(ヘッドハンティング)されたのだと思います。

つまり「学歴ではなく、実力を評価してもらう」という土俵で勝負できたのが勝因です。

菊池さんと同じ戦略をあなたがとることは難しいでしょう。しかし最低レベルの履歴書スペックでも圧倒的不利な状況を覆す事は可能だということを知っておいてください。

「Fランだから大手企業には入れない、転職なんて無理だ」そんなことはないのです。

サイトウソンミ

絶望的な状況を覆して大手企業へ転職する人間は実在します。無理ゲーではなくあなたにも可能なんです。

参考 元・引きこもりが「逆就活サイト」で就職、そしてヤフーに転職するまではたラボ

「学歴」の不利を覆し大手企業へまんまと入る方法

学歴の不利を覆すポイントは「学歴以外で評価してもらえる状況を作る」ことと話しました。具体的な方法をお伝えしましょう。

1.学歴ではなく、実力を評価してもらう

大手企業が前職の実務やあなたの能力を期待していないと言っても一切検討要素に入らないかと言えば、当然そんな事はありません。優秀な人間ならそれに越したことはないわけです。

「他の求職者より私のほうが優れています。否定しようのない実績もあるんです!」ということを証明できるなら「学歴ではなく、実力を評価してもらう」という戦略が有効です。

下記のケースでは実力をアピールしやすかったり、学歴ではなくあなたのスキルが評価軸になります。

  1. 同業へ転職する
  2. 専門職を狙う

1.「同業へステップアップ転職」前職の実績や成績を評価してもらえる

具体的なケースでは、

  • 中小規模の証券会社営業マンから大手企業の証券会社へ転職した
  • 小規模不動産会社 営業⇒ 大手不動産 営業

など、同一職種で会社規模だけ大きくなったケースです。

前職で良い実績や成績を出していたならそれをアピールすることができます。

「Fラン卒で学歴がいまいち」というデメリットも前職の実績で覆す事ができます。

特に自分の実力に自信がある方は、履歴書や職務経歴書の他に自分オリジナルの実績レポートを作成して前職の成績をアピールするなんてことをしていました。

サイトウソンミ

前職で良い成績や実績を出しているなら、未経験の異業種ではなく同業でより規模の大きい大手企業を狙おう!

Fラン・第二新卒でも大手企業へ転職「オリジナルレポートで実力をアピール!」(Uさん・28歳)

2.「専門職を狙う」資格の有無や実力勝負になる

「デザイン系」など実力やポートフォリオの品質が合否を左右したり、「介護・保育」など専門資格が必要な仕事であれば実力や資格の有無が評価軸となるのでFラン卒というデメリットと無関係になります。

建築設計会社のアルバイトとして設計やCADの実務経験を積み、最終的には大手企業の正社員になった方も後ほど成功事例として紹介しています。

サイトウソンミ

学歴ではなくスキルや実力でのガチンコ勝負!否定しようのないあなたのスキルを見せつけて面接官を黙らせよう!

2.学歴での評価が必要ない、学歴不問職種を狙う

「実力もないし、アピールするほどの成績もない…でも大手企業に入りたい!」というあなたの夢を叶えてくれる方法がこの学歴不問の職種を狙う事です。

具体的には

  1. 学歴不問の営業職・ソルジャー系求人を狙う
  2. 人が嫌がる仕事や人気の無い会社を狙う

という方法があります。

学歴不問の営業職・ソルジャー系求人を狙う

この記事を作成するために8名の大手企業 転職成功者に話しを伺いました。大半が営業職で転職に成功した方です。

営業職は学歴不問の募集が多く、Fラン卒でもデメリットにはなりません。

また私達転職エージェントが「ソルジャー系」と呼んでいる仕事は特に穴場。

いってしまえば働き蟻のような営業マンだとか、ストレスが多く大変そうな仕事のことです。

さらに大手企業が大好きなのが「体育会系人材」。

どんな理不尽なイビリも耐え抜く社畜耐性、上司の言うことは絶対という部活動で鍛えられた縦社会のルール。大手企業は多少無能でもいいので体育会系人材を求めています。

参考 日本企業は「体育会系」大好き、日本社会は「運動部カルト」橘玲公式Blog

実際、こちらの記事でも「日本企業は異常なほどの体育会系人材好きだ」と言及されています。

記事中で「無能な人材をよろこんで採用してるんだから、日本企業が国際競争から脱落するのは当然ですよ」と、ヘッドハンター氏が呆れるほどです。

大手企業は労働環境はホワイトですし福利厚生も充実し給料だって良いんです。ソルジャー系の仕事といってもホワイトな仕事ばかりです。

「大手企業にどうしても入りたい!」ということでしたらオススメの方法です。

サイトウソンミ

Fラン・第二新卒が大手企業へ入るケースではもっとも多いパターンがこれ!

人が嫌がる仕事や人気の無い会社を狙う

工場や肉体労働などいわゆる3Kの仕事も大手企業に潜り込むにはオススメ。

大手の工場なら労働環境もよく待遇も最高。中の人だって東南アジアからやってきた日本語もあまり得意でない人と働くよりは同じ日本人であるあなたと働きたい。

ライバルは外国人などになるので、あなたが採用される確率はかなり上がります。

トヨタ自動車の期間工として働き始め、正社員登用された方もいます。

また、地味で知名度は無いが優良企業というのもたくさんあります。

つまり、あなたの覚悟次第で大手に入る方法なんていくらでもあります。

転職エージェントなど求人に明るい人をフル活用して抜け穴求人や掘り出し物求人を見つけて欲しいですね。

サイトウソンミ

内定ゲットのハードルは低い、仕事が単調だが職場環境は大手だからホワイト、これもオススメ!

「面接」を突破して大手企業にまんまと入る方法

面接官は素人だという話をしました。実際にかなりの大手企業でも面接方法の研修などはありません。

信じらない話ですが「こういったスキルや特性のある人を採用しましょう」という共通認識すら無いケースがほとんど。

面接を突破するポイントは2つだけ

  1. 気に入られる(実力が無くても良い)
  2. 実力を認めさせる(気に入られなくてもいい)

1.気に入られる(実力が無くても良い)

就活やアルバイトなどで面接に自信のある人もいるでしょう。

別の機会に説明するつもりですが、面接はほんの数秒の印象だけで合否が決まってしまいます。

あなたが女性であるならナンパをされたことがあるでしょう。ほとんどの場合は怪しい男に何を言われても無視するでしょうが、中には思わず笑ってしまったこともないでしょうか?それをきっかけに話をしてしまいLINEを交換したという方もいるでしょう。

実は、人間は第一印象だけで良い人・悪い人を判断しています。人は見た目が9割というベストセラー書籍がありますが、本当にそうなんです。

だから、就活のときのようにリーダー的なエピソードを話そうが、コミュ力アピールしようが、潤滑油エピソードを話そうが合否は第一印象だけで決まるので本当はあまり意味が無いんです。

そして第一印象だけで相手の心を開くようなテクニックがあり、それを使う事で気に入られるというのも容易になります。


2.実力を認めさせる(気に入られなくてもいい)

「第一印象で気に入られるなんて無理だよ」そんな場合は実力を認めさせましょう。

自分の仕事論などを論理的に話したり、オリジナルレポートを作成してアピールするなどが有効です。

とはいえ、結構な確率で面接官と「おれのほうがすごい」「お前の実績なんて大したことない」というマウンティング合戦になってしまいます。

これにも対策があるんですがまた別の機会に…。


実例インタビュー集8選

ここからは、実際にFラン卒(高卒)でも第二新卒で大手企業に転職を成功させた猛者達へのインタビューをご紹介します。どのように大手への転職を成功させたのでしょうか?

同業へのステップアップ転職、実績をアピール(Kさん:25歳)

Kさん

同業だったので、自分の営業実績については強くアピール出来ました。
  • 仕事:鉄鋼業界の特約店 営業 ⇒ 日本有数の大手鉄鋼メーカー 営業
  • 年収:280万円⇒480万円
  • 転職活動期間:約半年間
  • 勝因:前職の実績をアピールし大手企業に転職成功
  • 年齢・性別:25歳・男性

前職

Kさんは営業職でした。

「鉄鋼業界の特約店営業として、大手企業代わりに販売業務を代行していました。前職は本当に下請けで立場が弱く、大手企業の言いなりで働くような環境の仕事でした。」

「残業は月に120時間を超え、接待も頻繁に行われていて心身共にストレスを感じていました。また、どんなに頑張っても評価されない、報酬は上がらないという悪循環に嫌気が指し、退職しました。」

面接

「私が転職に成功出来た理由は、同業界の大手に、自分の実績をしっかりとアピール出来た点だと思っています。」

「前職が小さく認知度の無い企業でも、同業界であれば、共通の話題で話すことが出来ますし、新規営業でこれだけやってきたと胸を張って言えば、大手企業も「うちならもっと活躍できるよ」と、評価してもらえました。」

と分析していました。

大手企業へFラン・第二新卒で転職すること

「私自身はFラン卒で入社できた企業が前職しかなかったですが、転職は新卒とは違い採用基準が大学ではなく、前職の実績となるので、一生懸命仕事をし、自分なりの工夫を凝らして実績を積めば大手企業に潜り込むことは可能だと思います。」

Fランなのに大手企業へステップアップ転職! 「年収が200万円近く増えた」(Kさん・25歳)


学歴不問の営業職狙いで転職成功(Mさん:26歳)

Mさん

大手ビール会社Aの求人では学歴の規定が無く、営業職なら自分でも内定が貰える自信がありました。
  • 仕事:新聞営業 ⇒ 大手ビール会社 営業
  • 年収:250万円⇒450万円
  • 転職活動期間:約2ヶ月
  • 勝因:高卒でもどんな理不尽も耐え抜く体育会系アピールで面接突破
  • 年齢・性別:26歳・男性

前職

「自分は新聞のセールスをしていました。」

と語るMさん。

「思うように契約が取れない時期は精神的にも収入面もきつかったです。」

と、かなりきつい仕事だったそうです。

「新聞のセールスで大きく稼ごうと思ったら、かなりの契約を取らないとまともな給料が貰えません。頑張った割には月収20万にも満たない生活が嫌になり転職しようと思いました。」

そういった経緯から転職を決意したそうです。

学歴・経歴不問の営業職を狙う

「高卒、前職の在籍期間は1年ほどの短期でしたが、営業には自信がありました。

大手ビール会社Aの求人では学歴の規定が無く、営業職なら自分でも内定が貰える自信がありました。必須条件の普通自動車免許も持っていたので応募資格もクリアできていました。」

学歴不問で前職の経歴も重視されない求人に絞った転職活動がうまく言ったようです。

面接

「面接では、とにかくビール好きをアピールしてアサヒビールも大好きな事をお話した記憶があります。営業経験不問とありましたが、営業職ですので面接では以前に新聞のセールスをしていた事がプラスになり内定をもらう事ができたと思います。」

大手企業の待遇

「残業なども無く完全週休2日制ですので、職場の環境はかなりいいです。営業成績で給与が大きく変わるようなことも無く、自分がイメージしていたより全然楽でした。」

前職と同じ営業職ですが、給与も200万近く上がり大手企業の待遇の良さに驚いているそうです。

ツーブロック黒光りゴリラならFラン・第二新卒でも大手企業に転職できる?(Mさん・26歳)


体育会系アピールで大手に!(Iさん:26歳)

Iさん

やっぱり営業職の求人には体育会系が好まれるみたいです。
  • 仕事:オフィス機器メーカー 営業 ⇒ 戦前から続く某財閥系グループの不動産会社 営業
  • 年収:280万円⇒460万円
  • 転職活動期間:約2ヶ月
  • 勝因:Fラン卒の第二新卒でもどんな理不尽も耐え抜く体育会系アピールと社畜エピソードで面接突破
  • 年齢・性別:26歳・男性

新卒で入った会社で可もなく不可もない日々に漠然とした不安をいだく

「新卒で入ったオフィス機器メーカーの営業として、企業を相手にコピー機などを売っていました。」

オフィス機器メーカーのルート営業として可もなく不可もなくという日々をすごしていたIさん。「このままでいいのかな」と漠然とした不安から転職活動を開始しました。

大手企業の面接では

不動産営業の面接では社畜エピソードのエピソードが反応が良かったそうです。

「頭は悪いですが、部活や前職でどんな理不尽な事も耐え抜いてきた精神力をアピールしました。」

「面接では、理不尽極まりない上下関係にも耐えたエピソードを披露しました。

特に社畜エピソードは鉄板でしたね。メガネを鍋で煮込まれる、カラオケではいつも全裸強要などの鉄板ネタで大ウケを取りました。」

体育会系アピールが効果的?

「精神面の強さを評価され見事に採用を勝ち取りました。自分の強みを活かせる業界に絞って転職活動をしたことが、良い結果につながったと考えます。」

その結果、戦前から続く某財閥系グループの不動産会社の営業として採用されました。

戦前から続く某財閥系グループの不動産会社 営業として転職成功

「転職前よりも業務量は増えましたし、日々の勉強も欠かせません。その分、給料に成果もしっかり反映されやり甲斐も大きいです。

営業の仕事は歩合制なので、努力すればするほどその成果を手に入れることができます。」

と充実した日々を送っています。

Fラン・第二新卒でも大手に転職したい「営業狙い・体育会系アピールが効く?」(Iさん・26歳)


前職の実績をアピールして大手に!(Uさん:28歳)

Uさん

Uさん「履歴書や職務経歴書以外に前職での営業成績をレポート化、自分の営業手法を積極的にアピールしました。
  • 仕事:埼玉の証券会社 歩合制営業 ⇒ 日本大手証券会社5社の一つY証券 個人投資家向け営業
  • 年収:300万円⇒800万円
  • 転職活動期間:約6ヶ月
  • 勝因:前職の実績を論理的アピールし大手企業に転職成功
  • 年齢・性別:28歳・男性

非正規の証券営業として頑張るも…

Uさんは正社員になることを目標に仕事をがんばり成績もトップレベル営業マンに成長しました。

「大手に入る前に私が勤務していたのは証券会社でした。埼玉に8店舗構える小規模な会社です。」

「歩合制の営業マンとして採用されており、もちろん非正規の契約社員でした。」

「実績を積み上げていったところ、入社2年目には会社のなかでもトップレベルの営業マンとなることができたのでした。」

しかし、実績を出しても正社員になれずに転職することにします。

書類選考ではでオリジナルレポートを作り実績をアピール

「履歴書や職務経歴書以外に前職での営業成績をレポート化、自分の営業手法を積極的にアピールしました。」

前職での営業成績を積極的にアピールし面書類選考を通過。

面接でリアルな営業手法を積極的にアピール

「採用面接では現場ならではのリアルな営業手法について詳しく説明しました。」

分析手法やオススメの売買手法を面接官に説明し、そのアピールが決めてとなり採用されました。

大手企業に転職して…

そして、現在もっともおいしかったことは

「女子の態度が契約社員だったころとは真逆、結局金なんですかね…。いい思いもしましたが、女性不信になりそうです。」

と語ってくれましたが、なんだかんだでそんな状況を楽しんでいるようでした。

Fラン・第二新卒でも大手企業へ転職「オリジナルレポートで実力をアピール!」(Uさん・28歳)


前職の経験を評価された(Yさん:26歳)

Yさん

前職の不動産営業の経験を評価されて大手に転職できました。
  • 仕事:不動産仲介の営業 ⇒ 大手不動産仲介サイトを運営する企業L
  • 年収:200万円⇒400万円
  • 転職活動期間:約3ヶ月
  • 勝因:Fラン卒でもブラック企業で培った営業力で面接突破
  • 年齢・性別:26歳・男性

就活サボってバイト三昧の結果、無事ブラック企業へ内定

「私はFラン大学生で、就活もせずにバイトばかりしていました。結局4年生の12月頃に焦りながら就活をはじめ、なんとか潜り込めたのが不動産仲介の営業でした。」

不動産仲介の営業をしていたYさん。

「私が入った賃貸営業は、とにかく成績ありき。完全歩合制なので、収入がまったく安定しません。成績が悪ければ月収5万円ということも…。」

極貧生活を余儀なくされ転職することに。

次の会社も同業の不動産関係を探す

「転職先はもっとまともな不動産会社、もしくは不動産に関連する何かと考えていましたが、その中に誰もが知っている不動産サイトを運営する今の会社がありました。」

前職の不動産営業の経験を評価される

そして大手不動産仲介サイトを運営する企業Lの面接を受けました。

「賃貸仲介業者の立場から不動産広告や不動産サイトについて話をすると面接官も喜んでくれました。」

面接官の反応も良かったそうです。

「私が転職に成功した企業Lは、不動産を扱うとはいえ社員の半数以上がITエンジニア。ITに強い人材はたくさんいるのですが、逆に泥臭い不動産営業経験のある、私のような人材は少なかったのです。」

「私が入社するときには鳴り物入りの即戦力という扱いになっていましたね。」

そして、大手企業へ

Fランから見事に大手企業へ転職し

「テレビでCMをやっているような会社でもあるので地元の友人に会う時も堂々と自分の会社名を言えるようになりました。」

「年収も倍になっているのでお金にも余裕があるので生活が非常に楽です。」

と明るく語ってくれました。

「就活さぼって無事ブラック企業へ」Fラン卒の第二新卒が大手企業に逆転転職できた秘密(Yさん・26歳)


既卒フリーターから大手の正社員に!(Wさん:28歳)

Wさん

正社員はあきらめて派遣から正社員を目指すことにしたんです。
  • 仕事:設計事務所 バイト ⇒ 大手電気メーカーT 照明プランナー
  • 年収:150万円⇒400万円
  • 転職活動期間:約3年間
  • 勝因:バイトでスキルアップし、派遣社員として大手企業で働きつつ実務を評価され正社員に
  • 年齢・性別:28歳・女性

建設事務所の正社員になりたい! バイトながら頑張るも…

既卒フリーターとして設計事務所でバイトしながらも正社員を夢見て働いたWさん。「バイトで、がんばれば正社員になれる」という話でしたがそれもうやむやに。ついに転職を決意しました。

実力はあるのに… 既卒の就活に苦戦

しかし、既卒フリーターとしての就活に大苦戦します。

「学歴もなかったしアピールできる実績も前職のバイトだけ、就活では落とされ続けました。」

結局、正社員はあきらめて派遣社員から正社員を目指すことに。

「紹介予定派遣ではないので正社員になれる確率はあまりなかったです。でも私の得意なCADの業務に携われそうだったので大手電気メーカーTを選びました。がんばって働けば評価してもらえて、いつか正社員になれるかもしれないと思ったんです。」

そして、大手電気メーカーTにて派遣社員として働くことになりました。

派遣社員として潜り込んだ会社で即戦力として実力を発揮

「派遣社員として仕事をし始めたのですが、今まで専門でCADや建築設計をしてきたので、この会社の業務は正直「楽勝」でした。新卒がメインの会社なので、建築設計やCADの実務経験のある人が居なかったんです。」

派遣社員とはいえ即戦力として実力を発揮したWさん上司や同僚たちの態度や評価も変わったそうです。

夢の大手企業正社員に!!

「支店長から呼ばれて「正社員にならないか」と打診を受けました。ついに大手企業の正社員になれたんです。」

既卒フリーターとして消耗し、就活で結果を出せなかったWさんでしたが、めでたく正社員になれたのでした。

既卒フリーターが人材派遣から大手の正社員に「新卒より私のほうが仕事ができた」(Wさん・28歳)


何の努力もせずに大手企業に!? 彼に起こったミラクルとは?(Eさん:28歳)

Eさん

まさかのミラクルが起きました…。
  • 仕事:置き薬の営業 ⇒ 業界最大手航空機器メーカーの製造
  • 年収:280万円⇒450万円
  • 転職活動期間:約2ヶ月
  • 勝因:ミラクルが起こった
  • 年齢・性別:28歳・男性

客をだましてでも売ってこい! ブラック企業で消耗する日々

「前職は、中小企業の置き薬の会社でした。はっきり言ってめちゃくちゃひどかったです。サービス残業だらけで、毎日終電まで働いてました。」

と語るのはEさん、相当なブラック企業だったそうです。

「『客をだましてでもとにかく売ってこい!』と怒鳴り散らしていましたね。営業だったので、売り上げが上がらなければ、学校の先生に怒られてるみたいな感じで全体説教を良くされていました。」

「でも、お年寄りを半分だます様な売り方についていけなくなり、転職を決意しました。」

転職先は倒産!? 絶体絶命のピンチに起きた奇跡…

次になんとか見つけた新しい仕事は、小さな工場での製造業でした。

「前職の置き薬の営業を退職後、私が最初に勤めたのは中小企業の製造業でした。小さな工場です。しかし2年ぐらい務めた頃に倒産することになってしまったんです。」

しかし、その小さな工場は倒産することになってしまったのです。絶体絶命のピンチ! そんな中、まさかのミラクルが起こりました!?

大手企業の正社員になれたミラクル

「私の勤めていた中小企業が倒産してしまうと、大手重工の方が回らなくなってしまうという事で、大手重工の100%出資の子会社に吸収されることになりました。社員と会社や工場ごと売却されたんです。」

何の努力もせず、まんまと大手企業の正社員になったEさん。現在は、業界最大手の航空機器メーカー社員として手厚い福利厚生やたくさんある休日を満喫し安定した生活を送っています。

第二新卒が気づいたら大手企業に転職成功?「ミラクルがおきました」(Eさん・28歳)


コネで大手企業に!?(Tさん:26歳)

Tさん

コネです…。
  • 仕事:中小企業 事務 ⇒ 大手電気メ―カ―F システムエンジニア
  • 年収:300万円⇒400万円
  • 転職活動期間:約半年間
  • 勝因:コネ入社
  • 年齢・性別:26歳・男性

中小企業の事務員として働いていたTさん。

ひょんなことから大手電気メーカーFの役員と知り合い意気投合しました。

たまたま転職活動中だと話すとTさんを気に入ったF社の役員は「ウチで働いたらどうだ」と誘われ、形だけの書類選考と面接が実施されました。

そして、あれよあれよという間に大手企業の正社員になってしまいました。

「正直その人経由の就職で、面接対策もしていなかったので、特に苦労することもなく大手企業に潜り込むことに成功したのです。」

なんとも羨ましい話ですね。

Fラン・第二新卒なのに「コネで大手に転職できた」(Tさん・26歳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA