第二新卒の意味とは?

「第二新卒とはどんな意味?」など、第二新卒の意味について解説。あなたの「初めての転職」を成功させるノウハウをお伝えします!

20代の皆さん、さまざまな転職サイトや企業の採用サイト上で「第二新卒」という言葉を目にしたことはありませんか?

若手向けの求人であることは理解できても、実際にどんな人が第二新卒求人に応募することができるのか、また詳しいメリットやデメリットをきちんと理解していますか?

ここでは、第二新卒の定義や、第二新卒求人に応募することのメリットとデメリットをご紹介いたします。

第二新卒とは?その意味

第二新卒とは?
大学や高校を卒業し、就職した後、1〜3年で転職活動を行なう若手求職者のこと。(会社を辞めて転職活動をしている求職者・会社に在職したまま転職活動をする求職者、両者を含める)

 


第二新卒の明確な定義はない

実は「第二新卒とはこういう意味だ」という明確な定義はありません。企業や転職サイトによっても異なり、社会人経験年数が4年を超えると一般の転職者とみなすケースや、卒業後5年以内までは第二新卒として扱う企業もあるようです。

また、あるコンサルティング会社の事例として、社会人経験年数5年を超えた候補者に対しては、第二新卒として採用されるか、それとも一般の転職者として採用するかを面接の場で本人と話し合いながら決める、というケースも聞かれました。


既卒・フリーターや無職・ニート向けの転職エージェント

世の中は常に変化しています。かつては悪い事とされていましたが、今では仕事をすぐ辞める事は悪いことではありませんし、新卒一括採用だって世界的に見ても論理的に考えても異常な事です。

ですから既卒やフリーターになりながら自分の道を探し求めて悩んだり、じっくり考えることは悪いことではありません。多様な生き方があります。

また、そんな生き方を応援する様々な転職エージェントがあります。第二新卒や既卒・フリーターを支援する転職エージェントです。


まとめ

第二新卒に二度目はありませんので、職を探す際にはより慎重になる必要があります。

とは言え、上手に利用すれば諦めかけていた憧れの会社に入社することも夢ではなくなります。

しっかり情報収集して、良い転職活動ができるようがんばってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA