第二新卒の仕事辞めたい理由「上司・経営者と合わない」インタビュー

上司・経営者と合わない

怒鳴り散らすパワハラ上司に、極端な差別をされ精神的にやられました(システムエンジニア/男性:新卒3年目)

システムエンジニア

怒鳴り散らすパワハラ上司に、極端な差別をされ精神的にやられました(男性:新卒3年目)

入社2年目にその上司がやってきました。喜怒哀楽が激しいタイプで、沸点が低いためにすぐにかっとなります。

仕事でミスをし、報告したところ、社内のフロア中に聞こえるくらいの声で怒鳴られました。それからというもの、上司は何かあるたびに私を怒鳴るようになりました。

それだけではなく、上司はお気に入りの社員をひいきしました。ひいきの社員には、絶対に怒りません。特にかわいい女の子には露骨に優しく、なんでもいう事をきいています。

目を付けられた私は、人事考課も最悪です。ひいきしている社員の点数は高く、目をつけられた部下には、不当な低評価。給与も減額になる異常な下がり方をしました。これには私も参りました。

このパワハラ上司に振り回されるのであれば、「いっそ会社を辞めてやろう」と思いましたが「その上司を避けるだけのために自分が苦労して入った会社を辞める必要はない」と周りから言われ思いとどまりました。

幸運なことにその後、上司も異動により左遷。私は辞めずにすみました。


私一人をターゲットに、連日学年会議で失敗をねちねち総攻撃されました(幼稚園 保育士/女性:新卒1年目)

幼稚園 保育士

私一人をターゲットに、連日学年会議で失敗をねちねち総攻撃されました(女性:新卒1年目)

幼稚園教諭として就職した私立幼稚園で、担任として働き始めました。

新人なら仕方ないと言えますが、子どもとの関わり方やクラス経営がうまくいかなくて、毎日のように上司から叱られていました。

1年目なのに難しい子どもが多くいるクラスの担任をやらされていました。子供はいつも落ち着かず学級崩壊寸前。新人には手に余る難易度でした。

それでも、悩みを聞いてくれたのは最初だけで、だんだんなぜか「全部お前が悪い」という雰囲気に。

きつかったのは、連日学年会議で総攻めにあうこと。上司や上司の支配下の先輩全員からダメ出しをされるのです。

一生懸命応えようとしても、うまくいかないので、結果「お前はわかってない!」「指示したのにできてない!」と怒られることに。

もう、何がいけないのかどうすればいいのかわからない状態になりました。でも、怖くて誰にも相談できないのです。そんなことが続き、さすがに続けていく自信がなくなりました。


暗黒面に堕ちていく上司を見て「同じような人間になりたくない」と思いました(IT系広告代理店 営業/女性:新卒1年目)

IT系広告代理店 営業

暗黒面に堕ちていく上司を見て「同じような人間になりたくない」と思いました(女性:新卒1年目)

当時私が勤めていた会社の部署はかなり規模の大きな事業をやっており、新たに支部を作って私はそこのアルバイト育成の仕事を主にやっていました。

新たな支部ということで1から全てをやらなければならず、社員一丸となって一生懸命働きました。

支店長も最初は面倒見も良く、部下にしっかりと感謝をしてくれる方で、みんなから慕われていました。

しかし、最初は好調だった事業もだんだんと下降をむかえて、本社からも毎日業務成績についてお説教の電話がかかってくるようになりました。

その頃からだんだんと支店長の態度も変わってきました。「残業代は付かないが残ってでも仕事をするのが当たり前!」「できない奴は辞めろ!」など暴言を吐いて詰めてきます。

そのわりに利益があれば、全て自分の手柄。「おれはすごい!」「おれが仕事をとってきてやってるんだ!」と部下を褒めることもなくなりました。

私が「仕事辞めたい」と思ったのはそんな上司の変わっていった様を見ていたからです。こうはなりたくないと心から思いました。そして翌月退職願いを出しました。


上司から、どれだけ頑張っても「ゆとりは使えない」とバカにされました(大手レストラン 接客/女性:新卒1年目)

大手レストラン 接客

上司から、どれだけ頑張っても「ゆとりは使えない」とバカにされました(女性:新卒1年目)

新卒で入ったのは飲食店の接客業でした。はりきってノートとペンを持って教えてもらいました。

しかし上司、社員、パートの方で言っていることがバラバラ。あの人の意見を聞くと別の人に叱られたり、その反対があったりと本当に毎日が苦痛で仕方がありませんでした。

ことある事に「ゆとり世代は使えない」と全否定されたのは今でも覚えています。

今日教えてもらった事を次の日実行しても、機嫌が悪いのか考え方・やり方が昨日とは違っていました。

お客さんの前でも平気で罵倒されたり、休憩時間なのにホールに出るよう命令されたりと本当に辛かったです。

そんな事が続いても「頑張ろう!」と、歯をくいしばって我慢して「仕事は仕事」と割り切って働きました。

そんな中で我慢も限界がきたのは、仕事を始めて2年が過ぎた時でした。お客さんの前で言われた一言で仕事を辞めようと思いました。

「何年も仕事をしてるけど、この子は仕事をまだまだ遊びだと勘違いしてるから!お客さん、ごめんなさいね」

このセリフに対して私自身もミジメになりましたが、怒ってくれたのはお客さんでした。

「店長、あんたが言っている事のほうがおかしいでしょ!!」

お客さんはわかっていたんです。私が一生懸命仕事をしていたことも、周りからミスを押し付けられていることも。ランチに良くくる常連の方だったので、私があっている理不尽な状況を良く知っていたんです。

結局、このままでは自分が成長しないと思い退職しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA