第二新卒の転職活動に失敗する人の特長と対策

第二新卒として転職活動を行っている人の中には、マッチングする会社となかなか出会えず活動がずるずる長引いてしまう人がいます。

そのような人たちには、どんな特徴があるのでしょうか。

企業視点で転職を考えることの重要性

転職活動について考える際に、欠かせないのが自分視点ではなく企業視点で分析することです。
第二新卒者としての転職を考えている方であれば、一度会社に就職してビジネスの現場を見ていますので感覚的に分かっていらっしゃる方も多いのですが、会社にとって採用活動とは「自社に利益をもたらしてくれる人を採用する」ことが目的です。

極端な話、候補者が何かの分野で世界一のスキルを持っていたとしても、そのスキルを会社のビジネスに活かすことができなければ採用したいとは思わないでしょう。

第二新卒の転職活動がうまくいかない人たちは、自分視点では良い経歴書や隙のない面接対策を行っているのですが、企業視点で物事が考えられていない場合が多いと考えられます。
これから転職活動を行う人も、始めたけれどもうまく進んでいない人も、企業視点でどのように行動すればよいかを考えることでヒントが見えてくるでしょう。

 


こんなあなたは失敗する?企業視点で採用したくない第二新卒者の特徴

では第二新卒の転職において、企業視点でイマイチに見えてしまう特徴とはどんなものなのでしょうか。

退職理由をしっかり説明することができない

企業にとって第二新卒者の採用の一番のリスクは、せっかく採用した人材がまたすぐに辞めてしまうのではないか、という点です。第二新卒者の面接の中では、自社にきちんと定着してくれるのかどうか、ちょっとやそっとで辞めてしまうような人ではないかどうかについて、かなり厳しい目でチェックをされます。

そのため、第二新卒者に対する恒例の質問である退職理由について聞かれた時に、曖昧に答えてしまうと一瞬で評価がガタ落ちする可能性が高いのです。納得感のある答えや前向きな理由ではないと解釈されると、退職の原因は本人にもあるのではと勘繰られるかも知れませんし、自社で採用したとしてもまたすぐに辞めてしまうのでは、と思われてしまうかも知れません。


前職での経験をアピールできない

退職理由の説明は、採用によるデメリットがないかどうかを見極めるための、いわば足切りの質問です。
採用にいたるためには、企業にとっての採用のメリットを見せなければなりません。

では、企業にとって、新卒ではなく第二新卒者を採用することのメリットは、いったい何なのでしょうか。
第二新卒は限られた期間であるとは言え、企業での就業経験を有しており、採用側としてもその経験を自社に取り入れたいと考えているはずです。

そのため、面接の場で自らの就業経験をアピールできないと、企業として採用のメリットがなくなってしまいます。


第二新卒らしい柔軟さを見せられない

また企業が第二新卒者に求めることとして、若手らしい柔軟さが挙げられます。
高いスキルを持った人を採用したければ、短い就業経験を持つ第二新卒者よりも、より難易度の高い仕事を長い間こなしてきた経験者を採用する方が理にかなっています。

しかし経験が長い人は、自らの仕事のやり方に囚われてしまうことも少なくなく、会社のやり方になじめない危険性も秘めています。

さらに第二新卒者であれば、経験を有していながらも若手らしい柔軟性も併せ持っており、企業としては経験と柔軟さのバランスにメリットを見出して採用をしようと考えるのです。

そのため、2つ目のポイントでスキルをアピールすることの重要性について書きましたが、同時に柔軟さ・謙虚さも忘れないようにしなければなりません。

スキルについてあまりにガツガツとアピールしすぎると、この人は柔軟性がなく第二新卒者として魅力的ではないのではないか、と判断される可能性が高くなります。


採用の確率を上げるためにすべきこと

では第二新卒の転職で成功するために、どんな対策を施しておくべきなのでしょうか。

まずは足切りの質問をクリアするために、転職理由をどんなに深堀されて聞かれても自信を持って答えられるように準備しておきましょう。

「深堀」されても答えられるようにするのは、口で言うほど簡単なことではありません。
企業の人事部は人を見極めるプロですから、あの手この手で回答の裏に隠された本音を聞き出そうとします。

そのため、転職エージェントや友達など、できるだけ複数の、他業界にわたる人たちに協力してもらい、「転職理由を聞くだけの模擬面接」をしてもらいましょう。
できるだけたくさんの形で質問を受けておくことで、面接官からの変化球にも自信を持って答えられるようになるでしょう。

次に、自分が業務の中で得てきたスキルや経験をリストアップし、企業ごとにどのようにアピールすれば効果的に伝わるかを戦略立てるようにしましょう。

この際、2つ目のポイントで見たように、得られたスキルや経験をしっかり伝えることも重要ですが、アピールだけにとどまって3つ目のポイントである第二新卒らしさを忘れないようにしましょう。

自分ができること、できないことを明確に分かるように話をし、できないことに関しては新しい職場で謙虚に学ぶ姿勢があることを話せると良いでしょう。


まとめ

いかがでしたか。
第二新卒の転職をまだ始めていない人は、選考が開始する前に退職理由と自己分析をしっかり行い、最短ルートで新しい企業に行けるようにしましょう。

すでに転職活動を開始している方も、今一度自分の面接の仕方を見直して、希望する企業にいけるようにがんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA